ようこそ

ようこそ
  やまの彩りへようこそ。
長い旅路でお疲れかと存じます。
お着きになったら、まずは一息、お寛ぎください。
チェックイン:15:00~
駐車場10台可
(台数の多い場合は、第二駐車場あり)

笑顔でお出迎え

ようこそ ようこそ
ようこそ ようこそ

ず、敷地に入ると代々引き継がれた大岩とそびえ立った松の木が迎えてくれます。 屋号の中の「彩」は「いろ」と読みます。宿を囲む九重連山の風景と、オーナー夫妻の「四季に応じた彩りのある料理を作る」という志に由来します。。オーナーは調理歴20年、女将は社会人を経てから専門学校に通い、料理の道へ。こうした努力家の女将がデザートを担当しています。 夕方5時までにチェックインすると、女将がお手製のお菓子を添えて、抹茶を立ててお客様をおもてなしします。

屋は、露天風呂付き客室が3室、一般客室3室、合計6室の小さな宿です。形状は、長屋風の離れ形式となっており、屋根付き渡り廊下でつながっています。露天風呂付き客室は、個性を持ったお風呂があります。崖沿いというロケーションも相まって、眺望かなりのもの。一般客室も、竹林が目の前に広がっており、緑に囲まれて「落ち着いた和室」といった様子となっています。。客室棟の間には、全てのお客様ががご利用できる浴室棟を設けています。3種のお風呂があり、お客様は貸切制でご自由にお使いいただけます。入口に木札があり、「入浴中」にすれば、貸切利用ができるようになっています。朝7時になると、混浴風呂や女性専用風呂になるなど、使用状況が変わりますのでご注意ください。

事は、囲炉裏のある食事処にお越しいただいています。テーブルの中心には、選択可能なメイン料理が並びます。予約時に鍋類か岩焼を指名していただければ、豆乳しゃぶしゃぶ鍋等、お好みの料理が食べられます。また、テーブルで炭火焼きが可能であり、活きたヤマメを目の前で焼いて、お客様にお出ししています。その他、時期に合わせて旬の美味しいものをお客様にお出しすることを心掛けております。炭火を眺めながらの食卓は、山の宿ならではの風情では。朝食には、昔ながらの"かまど"で炊いたご飯をお出ししています。現在では使われることが少なくなった方法ですが、当館ではこだわりの一環として使用しています。泉掛け流しの湯に浸かり、日々の疲れを洗い流す。 湯上がりには、山の宿ならではの創作料理と炭火焼きを味わう。九重の地の恵みを受けながら、やさしく、あたたかな時間をお過ごしください。

年前は、著名人に来て頂き、全国版TV放送にて「小さな名旅館」で宣伝させてもらいました。2004年じゃらん九州版では、「行って良かった宿ベスト3」の中にもランクイン。その他、西日本人気宿5年連続ベスト20以内(現在も継続中)等々、まずまずの実績が出来ました。 かけ流しの湯に浸かり、山ならではの創作料理に舌鼓をうち、静かに時間を過ごしたい方にはかなり希望に近い宿ではないかと思います。 まだ、ご存じでない方は、ぜひ一度は訪問してみてください。足を踏み入れると、そこは穏やかな雰囲気でホッと気を和ませてくれる何かを、感じてくれるのではないかと思います。